免疫療法の副作用

ガンによる死亡率がトップになってから久しいものですが、ガンと診断されるとどのような治療が施されるのでしょう。

 

治療法は毎年毎年、そして着実に進歩し成果をあげています。

 

現在行われている治療には、外科治療、放射線治療、化学療法の3本柱がありますが、それに加えて新しい柱の一つになろうとしているのが、免疫療法です。

 

免疫療法と言えば、結核に対するBGワクチンがあるように、あらかじめ抗原を体内に投与して、それに対する抗体を産出させるか、あるいは体外で抗体やサイトカイン(免疫生理活性物質)を製造して、それによって抗原菌や毒素に打ち勝てるようにする療法のことで、今まで良く知られていたものには、インターフェロンや大阪大学医学の山村博士グループらによる、BCGワクチン、それに丸山ワクチンや蓮見ワクチンなどがあります。

 

免疫療法は、近代西洋医学の分野から研究され、解明されてきたものではありますが、近年になって東洋医学の分野からの実証的症例が報告されるにつれ更に深く研究が進んできました。

 

そして、医学の分野で免疫力を強化して、ガンなどの生活習慣病を防ごうとする流れが出てきました。

 

菜食(野菜などの植物酵素)などが多い食事では、腸内の細菌(善玉菌)が優勢になり、免疫力が高くなることは医学的に明らかになっています。

 

肉食などが多い場合は、悪玉菌が優勢となり、免疫力が低下することもわかっています。

 

体の免疫力を強化し、ガンや肝臓病、糖尿病などの生活習慣病にかからなくしたり、病気を治したりさらには副作用などがないという点で、野菜・植物などの発酵酵素食品を充分に摂って免疫力を上げる必要があります。

 

小林製薬 野菜と酵素